スポンサーサイト

  • 2017.04.01 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    海外ホームスティー4 日本料理

    • 2015.02.14 Saturday
    • 00:11
    みなさまこんばんは。 オンライン英会話クオリタイムの鈴木でございます。
    中学卒業春に行った初めてのホームスティーでのお話続編です。

    いよいよ、スティーに慣れてきたこには、
    ナキスマイル-透明会話が通じない、?単語がわからない環境に恐れがなくなっていました。女男それは、私はNZにいる外国人だと割り切ったからです。 通じなくて当たり前、通じたらラッキー。はな

    ある日のこと、ホストが日本の食事を作ってほしいと言ってきました。
    そこで私は日本のお好み焼きを作ることにしました。実はお料理ダメなんです。
    言い訳ですが、部活から帰れば夕飯はいつもできていて自分で作る機会や興味もありませんでした。
    くもりくもりくもりくもり

    材料は何がいるの?と聞かれ、、、やってしまいました。

    エビ(シーフードお好み焼き) Shrimp といえばよかったのに、、、Robster と言いました。
    ホストはそんな高価なものはいらないと言ってきました。
    あれ、何か違うな〜〜としばらく考え間違いに気が付きました。

    次に豚肉= pig meat これも通じませんでした。 Pork  ですよね。
    次の手段としてジェスチャー ☛ 鼻を指で上に向けて 「ブーブー」と言い脇腹の肉をつかんで肉 meat !!
    これにはホストもやった私も笑い転げました。 
    グッドグッドグッド
    辞書を引いてホストに見せる結果になりましたが、、、
    美味しそうに食べてくれたし、少し日本を伝えられた気になり嬉しかったです。拍手拍手拍手拍手

    次回へ続く、、、 クオリタイム http://qualitime.biz 

     

    海外ホームスティー 3 遠慮はいりません、、、。

    • 2015.01.25 Sunday
    • 23:35
    みなさまこんばんは。 オンライン英会話 クオリタイムの鈴木でございます。

    中学卒業の春に行った初めてのホームスティーでのお話続編です。 

    4,5日経った週末、ホームスティーに参加した友人(さよ)が私のホストファミリーの夕飯に招待され、来ることになりました
    にじ
    いつもホスト宅で一人だった私は、さよが来て一緒にいてくれる安心感を想像し首を長〜くして待っていましたきらきらきらきらきらきら

    今でもあれは何を出されたのかわからないのですが、食卓の上にグレーのドロドロとした中に白のマッシュルームが入った料理くもりくもりくもりくもりくもりくもり

    友人のさよは、チャレンジャーで出されたものをバクバク食べ、 How do you like it? と聞かれ、
    口にものを詰めたまま、GOOD! のサイン手

    でも私は気が付きました。さよがあまり気にっていないことに、、、
    アセアセ
    ホストは気を利かせて、大きなスプーンでさらにさよのお皿にグレーのものを盛りましたゆう★
    さよは通じていないことに笑っていました。きっと相手は喜んでいるだろうと思ったに違いありません。undefined
    私もこの笑いはわかり、二人しかわかっていませんでした。kyu

    ここで気が付きました。「言葉に出したことがすべて」なんです。
    日本人のように心を読むようなことは文化的にしません。
    できないこと、嫌いなこと、否定的なことは前もってはっきりと伝えましょう。

    嫌いならそれなりに、Oh, it`s interesting. ぐらいで止めておかなかればいけませんね。

    私はグレーのものを進められた時、言葉にはできませんでしたが、到底食べれるとは思わなかったので、首を横に振りました。☛ 今回は正解
    矢印上




     

    海外ホームステー 英会話 奮闘記 2

    • 2015.01.20 Tuesday
    • 00:02
    みなさまこんばんは。オンライン英会話クオリタイムの鈴木でございます。
    In NZ 私のホームステー奮闘記2です。

    早速、This is for you.  This is for you. This is for you.  と言って家族一人一人にお土産を渡しました。undefinedお箸を買っていきましたが、すでにキッチンに素敵きなのが飾ってあり「かぶった〜!!」と少し後悔。日本人を何度も受け入れているところは、お土産も考えなくていけなかったんですねひらめき

    その日は大きな不安を抱えて眠りにつきました。ショボンショボンショボン

    翌朝は予定より1時間も前に起きて、部屋から1歩も出ず、そういえばもらっていた会話の手引きを真剣に読みました。

    なんて聞かれるかな?「 よく眠れた?」かな Did you sleep well last night? 
    そしたら、答えは☛  Yes, I did. 
    何度も小声で練習して、今起きましたの雰囲気で勇気を出してドアを開けました。kyu

    Good moring. Did you sleep well ?  ほらきた、想定内。手

    (窓から晴天
    undefinedの空を見て) ホストファーザー :ラブリー トゥ ダイ。 え〜、何?何? Lovely to Die??  想定外。undefined

    undefinedあれおかしい、ラブリーは良い意味よね、トゥダイって「 to 死ぬ」  死ぬことはラブリー??

    NZは英語のなまりがありました。 Day ダイと発音するんですね、、、。知りませんでしたundefined

    なのでMondayマンダイ!!不安はさらに大きくなり、本当に言っていることが理解できず、身振り手振りのコミュニケーションでした。
    undefined

    次回へ続く、、、















     

    海外 ホームステー 英会話 奮闘記 1

    • 2015.01.15 Thursday
    • 18:19
    みなさん、こんにちは。オンライン英会話 クオリタイム 鈴木でございます!

    今日は私の初めてのホームステー経験のお話です
    椿

    中学を卒業した春、ある広告でスマイルニュージーランド 15日間  を発見しました。
    早速友人を誘い、、卒業旅行のつもりで2人で応募しました。

    両親も「勉強ならいいよ。」と快諾。  友人と私は「やったー!!」
    だまやんと内心喜んでいました。
    日本からは6名の学生が成田に集合し、女性のお世話係のかた1名といざNZへ出発!!

    そのころの私は、海外に興味はありましたが、英会話には興味がなく、英語の勉強は学校の教科書のみ。
    それもすべてを理解しているわけもなく、ただウキウキ感だけで飛んでしまったのです
    ちゃん

    さあ、 始まりました〜〜 ズタズタの英会話の日々、、、
    ホストファミリーにご対面    
    heart、水色heart、水色heart、水色   ホストのお父さんは両手を広げ私に向って歩きながら、、、、
    Oh, Hello!  Toshiro  (← トシロウは私の父の名前です)と一言

     
    撃沈 冷や汗冷や汗冷や汗   

    私はさおりよ〜〜〜と思いながらも訂正できずに苦笑いのハグ悲しい
    その時気が付きました、私 英会話やってない!!


    次回に続く、、、